死角の内的要因と外的要因について

車を運転しているときは、自分の運転技術もさることながら、回りの状況をよく確認し、危険な要素をいち早く認識することも重要です。
路上では他の車輌を初め、歩行者や自転車などの他、道路工事などで障害物がある場合もあり、それらの状況にフレキシブルに対応することが大切です。
そのためには、交差点などではもちろんのこと、見通しの良い道路を直進している状態であっても、常に視野を広く持ち、様々なことに意識を向けなければなりません。
特に障害物や駐停車している車両によって死角が生じている時にはしつこく安全確認を行なうことが大切です。
また、見通しの良い道路だからといって油断すると、思わぬところから危険な要素が発生することもあります。
視野を遮る要素は様々なものがありますが、路上にある障害物だけでなく、自分の乗っている車のウインドウのピラーや、乗車姿勢によっても十分な視野をとれなくなることがあります。
そのため、ピラーが太いデザインの車や、身長が低く座席を前方にセッティングしている人は、通常よりも視野が狭くなっていることを意識しておくことが大切です。
そうした意識を常に持っておくことで十分な安全確認を行なうことをクセにすることができます。